aep1948のブログ

移り変わる映像は宇宙のDNA

2018.3.19 蜻蛉18-20-2 Dragonfly 18-20-2

蜻蛉18-20-2 
Dragonfly 18-20-2


【和田シャクナゲ】



シャクナゲの野生種は、ヒマラヤと中国の高冷地を中心に自生しています。これらを使って、ヨーロッパやアメリカではふるくから品種改良が行われていきましたが、
暑さに弱い品種が多く、美しく咲かせることが難しい中、シャクナゲ界の先人“和田弘一郎氏”が作出した“太陽”は、交配種としてずば抜けて有名です。丈夫と言われながらも、繁殖技術がなかったために、殆ど出回らず、当時の愛好家の間では、憧れの的となっていた幻の品種です。
ほぼ、桜の染井吉野と同時期の開花となる極早咲き桜です。 若干性質の違ういくつかの個体があります。


蜻蛉



[Wada Rhododendron]


Rhododendron wild species are growing naturally, mainly in the high cold regions of Himalayas and China. Using these, varieties were improved from the sieves in Europe and America,
While many varieties are vulnerable to heat and it is difficult to bloom beautifully, the "sun" created by Mr. Koichiro Wada, the predecessor of the rhododendron, is famous as a hybrid species. Although it is said to be sturdy, because there was no breeding technology, it was hardly circulated, among the enthusiasts of the time, it was a phantom varieties that became the admiration of longing.
Almost, it is a cherry blossoms of extremely early bloom that will be flowering at the same time as the cherry blossoms Yoshino. There are some individuals with slightly different properties.


dragonfly


和田シャクナゲ-1
Wada rhododendron-1

和田シャクナゲ-2
Wada rhododendron-2


和田シャクナゲ-3
Wada rhododendron-3









https://kkb822.wixsite.com/mysite
 kkb International (有)アトリエ形 環境建築研究室 ㈱環境建築設計工房






















×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。