aep1948のブログ

移り変わる映像は宇宙のDNA

2018.7.12 蜻蛉18-45 dragonfly18-45

蜻蛉18-45 dragonfly18-45



【行田:忍城(のぼうの城)】
【Gyoda: Shinobu (boko no yu castle)】




【行田:忍城(のぼうの城)】


かつて、徳川家康も好んで鷹狩りに訪れた忍城周辺であります。その沼地が形成する自然環境で家康や歴代忍城主たちが鷹狩りにいそしんだ。
行田市は、忍城の城下町としてだけでなく、明治以降は足袋の町として、更に時代を遡れば古墳に代表される古代の歴史と文化に特色をもった町として発展してきました。
現在、造られた櫓は、かつての忍城にあった櫓をモデルに再建したもので、二階から展示室になっています。最上階は展望台として現在の行田を見ることができます。
忍城は、文明十一年(1479)頃までには、成田氏により築城され以後約100年にわたり成田氏の支配する時代になりました。
天正十八年(1590)秀吉と小田原北条市との戦いの戦いの中で、石田三成らによる水攻めを受けます。
この戦いにより、忍城は開城し、成田氏100年の支配が終わり、関東に入国した
徳川家康の持ち城となりました。
「『和田竜』による歴史小説『』のぼうの城を原作とする映画が有名。周囲を湖に囲まれ、浮城ともよばれてた忍城、領主:成田氏一門の成田長親は、領民から「でくのぼう」を略した「のぼう様」と呼ばれ親しまれる人物であった。
行田の足袋製造の始まりについての明確な資料はありません。17世紀の後半頃とも言われています。 
江戸時代の終わり頃には、足袋製造が最大の産業になっていました。『半沢直樹』や『下町ロケット』でおなじみの池井戸潤の最新作『陸王』の舞台となったのが行田市で、足袋メーカー「こはぜ屋」が足袋からランニングシューズを造って行く物語です。
『のぼうの城』と『陸王』の二つの大波が通り去った忍城近辺も、訪れたこの日はヒッソリとした街並みでした。


蜻蛉


【Gyoda: Shinobu (boko no yu castle)】


Once, Tokugawa Ieyasu also liked the fishing hunt around Shinobashi around. Ieyasu and successive shinobi owls took a falcon hunt in the natural environment formed by the swamp.
Not only as a castle town of Oshiro but also as a tobacco town after the Meiji era, the city of Gyoda has developed as a town characterized by ancient history and culture typified by ancient tombs as it goes back to the times.
The oar which was built now is a reconstructed model of a tower which was in the former castle, and it has become an exhibition room from the second floor. The top floor can see the current Gyoda as an observatory.
By the time civilization eleventh year (1479), Ninjo became an era where Mr. Narita dominated for about 100 years after being built by Mr. Narita.
Tempe 18th year (1590) In the battle of Hideyoshi and Odawara Hojo city battle, I will receive a strike by Ishida Mitsunari et al.
By this battle, the castle castle, Narita 100 years of control has ended, and entered the Kanto
Ieyasu Tokugawa has become a castle
"Movie famous for the castle of historical novel by" Wada Ryu "" Famous movie is surrounded by a lake surrounded by a lake, also called "Ukijo", Lords: Narita Nagato's Narita Chief Parents It was a person familiar and called "Mr. sama" which abbreviated "Ukimoto".
There is no clear material about the beginning of Gyoda 's Tabi Production. It is said to be around the latter half of the 17th century. In case
Towards the end of the Edo period, the production of socks was the biggest industry. It is the story that goes to the stage of the latest work "Rikuo" of Ike Well Jun, familiar with "Hanzawa Naoki" and "Shimomachi rocket", in Tsunoda City, and a socksman "Konohada" is making running shoes from socks .
The vicinity of Shinobu, where two big waves of 'Botanical Castle' and 'Rikuo' went by, came visiting this city hissoli.


dragonfly



のぼうの城-1
Nobou´s  Castle-1

のぼうの城-2
Nobou´s  Castle-2


のぼうの城-3
Nobou´s  Castle-3


のぼうの城-4
Nobou´s  Castle-4



のぼうの城-5
Nobou´s  Castle-5







https://kkb822.wixsite.com/mysite
kkb International (有)アトリエ形 環境建築研究室 ㈱環境建築設計工房



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。