aep1948のブログ

移り変わる映像は宇宙のDNA

2018.7.9 蜻蛉18-42dragonfly18-42

蜻蛉18-42


dragonfly18-42 



入谷の朝顔市


入谷朝顔まつりは、毎年7月6日から8日までの3日間開催されます。この3日間は、“入谷鬼子母神”や言問通りには60軒の朝顔業者と80軒を超える露天(縁日)が並び、毎年40万人もの人出で賑わいます。
入谷の朝顔が世に知られる様になったのは、江戸時代末期の頃と言われます。最初は御徒町で栽培されていたものが、時代の変遷とともに、入谷の植木屋が造るようになったそうです。明治中期になると、その出来映えの素晴らしさから観賞用として広く知られるようになりました。
最盛期の頃には、一千種類もの朝顔が花を咲かせたと言われます。戦後は朝顔同好会(現:朝顔実行委員会)となり、今の姿となっています。
蜻蛉


Morning glory
Asagao City of Iriya


The Iriya morning glory festival is held every 3 days from July 6 to August 8. For the last 3 days, as you said, 60 morning glory dealers and more than 80 open air fishes (festival days) line up, crowded with 400,000 people every year.
It is said that Iriya's morning glory became known to the world around the end of the Edo period. At the beginning, what I was cultivating in Okachimachi seems to have been built by Iriya's garden shop, with the change of the times. In the middle of the Meiji era, it became widely known for watching from the splendor of its workmanship.
It is said that around 1,000 kinds of morning glory made flowers in the height of the peak. After the war, it became morning glory club (now: morning glory executive committee) and is now in the form.


dragonfly


アサガオ-1
Morning glory-1

アサガオ-2
Morning glory-2



アサガオ-3
Morning glory-3



https://kkb822.wixsite.com/mysite
kkb International (有)アトリエ形 環境建築研究室 ㈱環境建築設計工房







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。