aep1948のブログ

移り変わる映像は宇宙のDNA

2018.9.25 蜻蛉18-55-2 dragonfly 18-55-2

蜻蛉18-55-2  



昨晩は中秋の名月でした。


超望遠レンズは所有しておりませんので、解像度は落ちますが
何とか遣り繰りしてここまで伸ばしました。
広角レンズ使用がやや多いことと、望遠レンズは重いので体力が消耗します。
翌日に疲れが残ったり、超望遠で何を撮って良いのか分からないこともあります。
野鳥等で、ズッと待機していて絶好のタイミングでの撮影。
APSのカメラで、所有中最大の焦点距離(18~300㎜)の便利ズームを使いフルサイズ換算で300⇒約450㎜程度にして、露出を▲5段階で撮影しました。 雲間から出てくるタイミングを一応見計らいながらの撮影でした。その後、パソコンで結構トリミングしましたので、画像は粗くなりました。


蜻蛉


Last night was a harvest moon.


I do not own a super telephoto lens, so the resolution drops
I managed to extend it to this point somehow.
The fact that the use of a wide angle lens is somewhat larger, and the telephoto lens is heavy, so the physical strength is exhausted.
Sometimes I do not know if I get tired the next day or what I can take with super telephoto.
Wild birds etc, I was standing by and shooting in perfect timing.
With the APS camera, I shot the exposure in 5 steps with a convenient zoom with the maximum focal length (18 to 300 mm) in possession, with the full size equivalent of 300 → approx. 450 mm. It was a shooting while seeing the timing of coming out of the clouds. After that, since it trimmed well on a personal computer, the image became rough.
dragonfly



https://kkb822.wixsite.com/mysite
kkb International (有)アトリエ形 環境建築研究室 ㈱環境建築設計工房

2018.9.25 蜻蛉18-55-1 dragonfly 18-55-1

蜻蛉18-55-1 
dragonfly 18-55-1


愛宕神社“出世の石段祭”
Atago Shrine "The stone festival of success in life"



 愛宕神社は、慶長8年(1603)江戸幕府開府の際、徳川家康の命により、防火・防災の神様として創建されました。
東京23区で一番高い山に鎮座する愛宕神社の正面にある『男坂』は、86段の「出世の石段」と呼ばれています。標高約26m、その昔この辺りが海だったころ、海に囲まれた岬だったそうです。幕末「桜田門外の変」の時、水戸の浪士達が愛宕山に集結し、絵巻堂(焼失)に願いを掛けて、井伊大老を討ちに行きました。また、江戸随一の“お山”であったため、幕末 勝海舟と西郷隆盛は、この愛宕山に登り、江戸城下を見わたして「戦火にて焼失してしまうのには忍びない」と話をし、無血開城に至ったと言われています。愛宕神社の例大祭は、隔年で「出世の石段祭」として、御本社神輿の渡御が行われます。大鳥居から一の鳥居の間にある、目もくらむような急勾配の石段は、曲垣(まがき)平九郎の故事にちなんで「出世の石段」と呼ばれてます。平九郎が急勾配の石段を、騎馬にて駆け上がり、山頂の梅を手折って徳川家光公に献上したことで、家光公より『日本一の馬術の名人』と讃えられ、その名を一日にして全国に轟かせました。人呼んで「出世の石段祭」と呼ばれるこの祭りは、東京では珍しい“六角形をした神輿”が、傾斜約40度にもなる石段を上り下りする様は、ダイナミックそのもので祭りのクライマックスとなる。神輿は、石川県輪島で製作された輪島塗の六角神輿で、地元の篤志家によって神社に奉納されたものです。本来は、台車に乗せて牛に引かせる「引き神輿」として作られたものと言われ、江戸の頑丈な神輿とは、また趣を異にする細工が目を引きます。
蜻蛉


[Atago Shrine "The stone festival of success in life"]


  Atago Shrine was built as a god of fire prevention and disaster prevention by the life of Tokugawa Ieyasu during the opening time of the Edo shogunate in 1603 Keicho 8 (1603).
Manzaka" in front of Atago Shrine, settled on the highest mountain in the 23 wards of Tokyo, is called the "stone steps of succession" of 86 steps. The altitude is about 26 m, when it was around this time around the sea, it seems that it was a cape surrounded by the sea. At the end of the Tokugawa period, "Strange outside Sakurada Gate", the witnesses of Mito gathered at Atagoama, wished for a picture scroll (burning down) and went to slash Elis Ii. Also, because it was the best mountain in Edo, the Bakumatsu Katsu Aviation and Saigo Takamori climbed this Atagoyama, looking down Edo Castle, "I will not bear to burn down at the battle" It is said that it has led to a bloodless castle.
dragonfly


愛宕神社“出世の石段祭”-1
Atago Shrine "The stone festival of success in life"-1

愛宕神社“出世の石段祭”-2
Atago Shrine "The stone festival of success in life"-2

愛宕神社“出世の石段祭”-3
Atago Shrine "The stone festival of success in life"-3

愛宕神社“出世の石段祭”-4
Atago Shrine "The stone festival of success in life"-4

愛宕神社“出世の石段祭”-5
Atago Shrine "The stone festival of success in life"-5

愛宕神社“出世の石段祭”-6
Atago Shrine "The stone festival of success in life"-6

愛宕神社“出世の石段祭”-7
Atago Shrine "The stone festival of success in life"-7

愛宕神社“出世の石段祭”-8
Atago Shrine "The stone festival of success in life"-8

愛宕神社“出世の石段祭”-9.
Atago Shrine "The stone festival of success in life"-9








https://kkb822.wixsite.com/mysite
kkb International (有)アトリエ形 環境建築研究室 ㈱環境建築設計工房























































2018.8.29 蜻蛉18-54 犬のおしっこ

蜻蛉18-54 
dragonfly 18-54
犬のおしっこ
Psychoactive measures against dogs


【飼い犬へのオシッコ対策】
鳥居は、神社などにおいて神域と人間が住む俗界を区画するものであり、神域への入り口を示すものであります。図案としては、神職であった氏族や、家が家紋として用いることがある他、現在の地図記号では神社を意味しております。鳥居は神社を表示し、また神社の神聖さを象徴する建造物とも言えますので、私達が神社にお参りをする時には、まず鳥居のところで一礼してから入ります。飼い犬の散歩には、近年ペットボトル他持参し、後始末をしながら散歩している姿を良く見かける様になりました。それでも、一部飼い主の、犬のマーキング行為への対策不十分さがあるためか、電信柱を神格化?した様な苦肉の対策方法もあるようです。神聖なものである鳥居に、オシッコをすると“罰が当たる”という日本人の心理を利用したものとは思いますが、逆にオシッコをかけられる可能性の高いところに、神聖な鳥居をジョークとは言えども、設置して置くというのは、何とも不敬な感じがしました。
蜻蛉


【Psychoactive measures against dogs】
Torii is a shrine that divides the secular world where the temple and the human being live, and it shows the entrance to the god area. As a design, clans that were priests and family members may be used as family crests, and in current map symbols it means shrines. The torii shows a shrine and it can be said to be a building symbolizing the sanctity of the shrine, so when we visit a shrine, I first bow at the torii and enter after the shrine. Recently I brought a PET bottle and so on to my dog ​​'s walk, and now I often saw a walk strolling while cleaning up. Still, due to the insufficient measures taken by some owners for dogs' marking behavior, is the telepole democratized? There seems to be a countermeasure against bitterness like I did. I think that I used the psychology of the Japanese as "punishment" when I ship to the torii which is a sacred thing, but in a place where there is a high possibility of putting a shiver on the other hand, I joke the sacred torii Even though, I found it to be disgusting to put it in place.


dragonfly




飼い犬へのオシッコ対策-1
Psychoactive measures against dogs-1



飼い犬へのオシッコ対策-2
Psychoactive measures against dogs-2




https://kkb822.wixsite.com/mysite
kkb International (有)アトリエ形 環境建築研究室 ㈱環境建築設計工房